あるひの。

ある朝、昼、夜。きっとどこかの世界で何かが起こっている。そんなことを見てみたいと想う、あるひの。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユベルデッキデッキレシピ(未完成)。

#デッキレシピ記事は右側の物置のデッキレシピページに随時格納されます。この記事の構成は、「デッキレシピ」、「ギミックの説明(というか言い訳というか)」と、個人的な感想や弱点、入れたいカードなどなど。



では、始まります。




デッキレシピ




ユベルデッキ

全40枚

□モンスター21枚


  下級モンスター12枚


   逆巻く炎の精霊*1
   闇霊使いダルク*1

   踊る妖精*1
   闇魔界の戦士 ダークソード*1
   アックス・ドラゴニュート*1
   終末の騎士*2
   ダーククルセイダー*2  
   憑依装着-ダルク*3


  中級モンスター三枚

   
   軍神ガープ*1
   光帝クライス*1
   ダーク・クリエイター*1
  
   
  上級モンスター*6


   ユベル*2
   ユベル-Das AbcheulichRitter*2
ユベル-Das Extremer Traurig Drachen*2




□魔法カード10枚


   幸運の鉄斧*1
   異次元からの埋葬*1
   死者蘇生*1
   攻通規制*1
   打ち手の小槌*1
   クロス・ソウル*1
   サイクロン*2
   虚栄巨影*2


 
□罠カード

  
   神の宣告*1
   闇霊術-「欲」*1
   立ちはだかる強敵*1
   攻撃の無力化*1
   反発力*1
   リビングデッドの呼び声*1
   闇の幻影*2
   激流葬*2






以上です。




適当な解説というか

まずモンスターから。

憑依ダルクが3積みなのは単に打点が高いのと好みの絵柄だから。

逆巻く炎の精霊、軍神ガープはサブウェポン、それからダーククリエイターは建て直し用。実際かなり助かってたりする……。

次に魔法。

虚栄巨影に関してはまだユベル召還までに至ってないということもあり、未だ未使用のギミックなのですが………。

ユベルで攻撃→ユベルの攻撃宣言に反応させて発動→ユベルが攻撃する相手の攻撃力を1000ポイント上げる。

という作戦だったりする。

いかんせんマンネリしづらいなっていうイメージが根付いているのと、一撃の重みが勝敗を左右するかな……と思ったが故の構成です。

他には打ち手の小槌で手札事故を多少減らしている(つもり。全然減ってない……)。

攻通規制はいらないかな……と思っている。リミット・リバースが手に入ったら交換か。

クロスソウルもぶっちゃけいらなくね……。と思っている。同上。

異次元からの埋葬は除外対策に。幸運の鉄斧は雀の涙ほどの期待をかけた火力うpとドロー効果。


次は罠。


モンスター効果や魔法罠で除去されやすいユベル用に匠が用意したのは闇の幻影。

激流葬はユベル召還用のつもりだったが、あまり役に立たず……。なんだか本来の使い方しか出来ていない。

神の宣告はあらゆるものをうち消せるので。なにが来ても怖くない!

反発力はもしもユベル第三の攻撃が不発になったとき、なんらかの効果でユベルの効果がなくなり、それを攻撃の無力化などで防いだ場合のダメージソースにと。……ビビりすぎ?

闇霊術-「欲」。自分でも何故入れてるのかわからないカード。使い道も思いつかないし、ダルクがいるからっていう飾り用なのかもしれない。リミットリバース候補3。

立ちはだかる強敵は第二・第一のときに下級を囮にしたりして攻撃させるという言わずとしれたユベルサポートカード。




………みたいな事考えてます。

立ちはだかる強敵は2枚あったほうがいいんじゃ……と思ったけど、実際に廻してみるとユベルの召還がかなり遅いので、そのころには手札にいるであろうということで一枚に。

個人的に見積もっている強化方法としてはやはりリミットリバース。

終末→リミットリバースはかなり素早く第二形態を召還できるので。

あとはベクトルが変わりますがネフィティス。以前知人から聞いて作ろうかなー、とぼんやり考えていたけれどなんだかやる気が起きない。出来ればサイドとの交換でスイッチできる構造にしたい。一つで二倍おいしい!!!

最後のスターダスト。これはネフィティス聞いて思いついたのだけれど、……というか、思いついた後wikiいったら普通に乗ってたわけだけど、終末→リミットしたあとにスタダを召還していればエンドフェイズにスタダ死んで戻って第二死んで第三が来るっていう。ユベルの天敵である効果による破壊を防げる上に火力不足になりがちなユベルデッキに貴重な打点を追加出来るという点で非常に優秀。





………くらいかな。

なにかあればコメントにてアドバイス・質問等お願いします!

   
  
   

















スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sisutatosetuna.blog9.fc2.com/tb.php/475-263188c2

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

長文なると思うがご勘弁を

そか、スタドがユベルを自動的に進化させていけるのか
スタロで出すと蘇生できないから使い方はね、任せるとして(普通にシンクロなどで



ユベルは個人的には最終形態1枚でいいかな
2枚あると事故要因に、ただ除外を恐れてならまぁ
もしくは光も組ませてみて、カオスにしてみるのも手だね

ダルク→憑依装着で光属性の魔法使い☆3or4もってこれるし、ライナ・・・と言いたいところだけど
レギオンに再録されたライラあたりか?

あとはライロと組ませてもいいかも。ライコウだったら自身のリバース効果で墓地肥やしと1枚除去できるからユベルいればユベル進化するし、いなくても相手のカードも潰せる


ただカオス軸すると、ダーククリエイターの意義がねぇ・・・まぁそこは悩み所

ユベルを破壊するギミックは、リミリバはまぁいいとして、ブラックホールは必須かも
あとは少しレトロだけどつり天井もいいかも(場にモンスターが4体以上いる時表側表示のモンスター全て破壊、除去にも繋がる

あと闇で打点高いのは、霊滅術師カイクウさん
相手は墓地のカード除外できないので、DDクロウでユベル除外とかも防げる(更にいえば除外封じるから天敵のカオスソーサラーも防げるし、スタドじゃ処理しづらいから


他はなー少し荒業っぽいが、デブリドラゴンを積むとかも
ユベル蘇生できるしチューナーなのでスタド出せる(ただレベル4とのシンクロできなかったりドラゴン族のシンクロしか使えないが
コストとかどうなるかと思ったらwikiみたら載ってた、流石wiki自分の考えすら手のひらの上というのか・・・
ちなみに戦闘耐性が無効なるので、自爆特攻すればそのまま破壊されて第2形態という面白いことも



少し面白くなってきた、少し上の踏まえて
自分でも用意できそうなカード探してみて
我流ユベルデッキの構成考えてみる、一応それもみてって(実際にカードないから回せないが・・・ぐぬぬ



とまぁ自分のアドバイスはこれにて
一応この後ちゃっちゃか書く
さりげなく2度目の更新なるけどね、うん


ではーレシピ晒しサンクス、参考になれば光栄でさぁ

  • 28/02/2012
  • 華図魔 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
診断って言うかアドバイスって言うか

お久しぶりです教本です。

ユベルデッキはハマると面白いですよね。
では早速デッキを見ていこうかなーって。

まずどのユベルを主軸にするかで構築はだいぶ変わってくるんですが
見た感じ第三主軸デッキっぽいのでそれを踏まえてアドバイスしますね。

まず、ユベルをいかに早く出すかがキーなのは言うまでもないので
どうやって高速でユベルを出すかですね。
最も簡単なのは墓地からの蘇生なので墓地にユベルを送るための《おろかな埋葬》は必須カードと言えるでしょう。
闇属性モンスターの採用数を増やして《漆黒のトバリ》でドロー加速するのもアリですね。
その場合採用するのはユベルのレベルを吸って蘇生できる《レベル・スティーラー》やユベルと相性の良い《キラー・トマト》《魔族召喚師》など。
下級モンスター単体で優秀な効果を持ち墓地も肥やせる《ライトロード・マジシャン ライラ》や《ライトロード・ハンター ライコウ》、破壊された時にドロー出来る《カードガンナー》なども墓地肥やしをするにはうってつけのカードです。

次に蘇生カード。守備にすることで自壊させて進化できる《リミット・リバース》は3枚推奨。
意外なところで《デブリ・ドラゴン》の効果でユベルを釣れば自爆特攻から能動的な進化が出来たりもします。

次に第3の能動的な出し方。
第2までは出るけどなかなか第3までいけないなんてことがよくあると思います。
もしくは第3まで出たけど相手にすぐ除去された、とか。
ユベルは自分から動くのが苦手なのでターン数が経過すると相手がどんどん有利になっていきます。
なので第3主軸の場合は能動的に第3まで出せる手段をデッキに組み込まないとなりません。
幸いユベル第2からの進化条件は割と緩いです。なので《亜空間物質転送装置》でユベル第2を飛ばすと後続の第3形態が出てきます。
エンドフェイズに第2が戻ってくるのでもし第3が消された場合の戦線維持にも困らないです。
ただ第2のエンド効果発動でオサラバしちゃうので使う場合は使いどころを見極めるようにすると良いでしょう。

ユベルで守りながらちょこまか殴る戦法を取るのであれば第2のエンド全破壊を回避できるスピリットモンスターや《ヴェルズ・サンダーバード》
ユベルの高レベルを利用して墓地から《レベル・スティーラー》をちまちま蘇生して叩くのもアリ。
あとは《クリッター》みたいな破壊されることで効果が発動できるモンスターなど。

ぶっちゃけ、まだまだ書きたいことは山のようにあるのですが
そんなにスペースとるのも悪いですし、このあたりで。

またいつか長々と話せる時間を見つけてお話できればいいかなーって。

では、そういうことで。
長文失礼しました。

  • 29/02/2012
  • 教本 ♦8Q9tKKtk
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。