あるひの。

ある朝、昼、夜。きっとどこかの世界で何かが起こっている。そんなことを見てみたいと想う、あるひの。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の壁。

みなさんは、言葉の通じない人と話したことはあるだろうか。

いまの時代、どの学校にもALT(ネイティブの先生)はいるだろうから、話した事が全く無いという人は少ないと思う。

でも、実際彼らと接するのは授業中だけじゃないか?

英語の先生が不安気に発音やら文法やら、不自然じゃないかどうかを上目遣いで聞いて、じーっと耳を澄ませてALTの言葉を聞く。分からないときは、申し訳なさそうな顔でワンモアプリーズと言う。

彼らとの付き合いといえば、その程度のものじゃないだろうか。

もちろん、英語部だったり積極的なALTだったり、その限りじゃない人もいるのかもしれない。

しかし、全体的に見れば「その程度」なのだろうと思う。


ここに、やってしまった男がいる。

なにをやってしまったか?それを知る前に、まずは彼にどういう考えがあるのかを知ろう。

英語が出来なかったから、話せば出来るんじゃないかと思った。

そう、俺は「英語なんて話せばできるんじゃね」と考えていた。正しい答えではあるけれど、その考えを実行に移すのはとても勇気がいるし、実行すれば他の人とは少し違う世界が見えてしまう。

もちろん、こんな話をするんだからうちの学校にもALTはいる。5人くらいいる。俺の担当をしているのは1人だが。

そしてもちろん、俺は英語部でもないし、うちのALTはあまり積極的というわけでもない。どちらかといえばシャイな方である。

さて、私はなにをしたでしょう。

そう、挨拶をしました。

挨拶。「おはよう」でも「こんにちは」でも「よう」とか「やあ」でもありません。

"Hello"と一言、廊下ですれ違うたびに言い続けました。その間一年。

相手にとっては迷惑な話だったかもしれません。なにせ、すれ違うたびにかっちりと目を合わせて挨拶をしてくるのです。しかも知らないやつが。満面の笑顔で。

もし彼が気の良い人間でなければこのまま挨拶しつづけて三年を過ごすところでした。

しかし彼は気の良い人間で、いつからか向こうから話しかけてくるようになりました。

もちろん最初は"Hello"。いつだったか、"Are you OK?"と聞かれて「おk」と口走って赤面したのをいまでも覚えています。

一度通じれば簡単なもので、難しい言葉がわからなくても"OK"とか"Yes"とか"No"とか"Sure"、果ては"Arrow in the knee"とか言っておけばとりあえず"HAHAHA"と返ってくる。

特にこれといって楽しいものもないし、端からみたらただの挨拶にすぎません。

でも、楽しかった。

あぁ、これで通じてるのか。英語って本当に言葉だったのか。知らなかった。

それまで、俺にとっての英語とは、苦痛で、面倒で、わけのわからない記号がずらーっと並んでいて、見ているだけで吐き気を催すようなものでした。テストは運試し、入試では最大の運を発揮してくれました(英語問題を一文字も読まずに適当な数字や記号で埋めたら一つ上のクラスへ選抜された)。

最初はただの気まぐれだったのです。どうせ無理だろうと、意味はないだろうと、でもまあ、挨拶くらいならやってあげてもいいか。くらいの心意気ではじめた行動です。

でもいつしか、英語は俺に新しい道を示してくれたし、新しい出会いをくれた。

……くれたにはくれたのだけれど、肝心の英語力はそこまであがったりはしなかった。

当たり前である。僕らは簡単な会話してこなかったのだから。

向上心の無いところに上達はない。いくら足し算をこなしたって、因数分解が出来るようになるわけではない。それと同じで、いくら会話を重ねたところで、深まるのは友好だけであって、英語への理解へは繋がらないのである。

勉強をしよう、切に思います。


と、いうわけで。アメジョ(アメリカンジョーク)の本と、簡単な挨拶集を買いました。小心者なので、まずは謝り方を覚えました。I couldn`t be more sorry.。おk、これでいつでも謝れる。

ちなみに、なにか酷いことをしてしまったときにI`m sorryとか言うとだめらしいです。英語にも敬語表現ってあるんですね。知りませんでした。(正確には敬語という単語があるわけではなく、文脈的に丁寧な言い回しをする)

あとはアメリカンジョークを会話中にちりばめれば万事おk。

英語生活、はじめました。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sisutatosetuna.blog9.fc2.com/tb.php/519-5a46308d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

まぁー英会話と文法うんぬんは違うようなもんというかなんというか
発音とか言い出したらもう難しいわ英語

でもまぁ海外の方と話す機会増えただけでも本当にプラスに考えた方がいいよ、上達するというか普通に楽しい
人が良いというかまぁ、気さくな方たちで

  • 08/06/2012
  • 華図魔 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。