あるひの。

ある朝、昼、夜。きっとどこかの世界で何かが起こっている。そんなことを見てみたいと想う、あるひの。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏切ること。

ダークファンタジーが好きです。主人公が外道だったり、あるいは強制的にそのようなことに手を染めてしまうけれど罪悪感が……ってのが好きです。

どうも、しすたです。

ああいうのの主人公って格好良いじゃないですか。

平気な顔していままで一緒に居た人を裏切る人。

澄まし顔で期待を裏切る人。

さも当然のように嘘をつく人。

昔から、なぜかこんな人たちに憧れていました。捻くれてます。

……でもね?

実際にこれやろうとすると難しいんですよ。いや、やっちゃったんですけど。

先輩、同期、その他諸々の人たちの期待……とまではいかないけれど、信頼を一気に裏切りました。

これは辛い。

もちろん、最初は平気な顔していられるんです。余裕で。

ニヤニヤ顔貼り付けて、フフーフとか言っちゃえるんです。

でもこれはやばい。後から後から罪悪感がこみ上げてくる。

怖い。

あいつらよくこんなのに耐えてられるよなー……。あ、耐えて無いのか。なにも感じないんだきっと。

なんの話かというと、暇を出されました。



さて、裏切りと言えば人間関係。人間関係を露骨に表現するゲーム。

それはSkyrim。

スカイリムはゲームですから、裏切りのスケールが違います。

まず国王を裏切ります。

次に悪魔、そして神をも裏切ります。その過程ではもちろん様々な人を裏切ります。

後者二人は裏切ったら殺されちゃうんですけどね。こええ。

もちろんこの世界では主人公以外の人も裏切りをします。






今回のケースでは、死霊術師さんが神様を裏切っちゃったみたいなのです。

その他の人々も裏切ったって、神様さんは言ってましたけど。

所詮人の信仰なんてこんなものだーって。悲しいですね。

んで、どうやら神様は、死霊術師さんが俺の聖域を汚してるからちょっとやっつけて、ついでに取られちゃった秘宝も取り返してくれよ。と言った様子。

こういう場合、大抵その秘宝は主人公の手に渡ります。受けておきましょう。


聖域に入ると、名前ばかりか、そこら中に黒い霧が立ちこめている。特に毒もなさそうなので、スニーキングしつつ進みます(スニーキング=隠れること)。

……おや?

死体を発見しました。なに、見慣れたものです。このゲームの洞窟に入ると、おきまりのパターンです。

おきまりのパターンのはずですが、なんだか様子がおかしい。

俺がいままで経験してきたパターンを列挙すると、


・ただの死体

この場合、死体を調べて中にあるわずかばかりのゴールドを回収してスルーとなります。


・さっき倒したやつ

こいつは結構ビビります。いかんせん感覚が狂いやすいので、「あれ!?なんでこんなやつが……」となります。死霊術師プレイの場合は、謹んでよみがえらせましょう。


・動き出すやつ

大体の場合において、固有名詞がついていたり、装備をつけているので見分けは簡単です。ダンジョンによってはスクリプト起き(近づくと必ず動き出すようにプログラムされてる時)もありますが、それは一部のクエスト関連のやつだけなので、他は見つけたらスニーキングで近づいて起きる前に殺っちゃいましょう。



の三つに大別できるはずですが、何故かコイツは黒い。そして汚い。

調べてみると、「汚された死体」と表示された。……はて?どういうことか。

まあ、話の流れから見て死霊術師さんが死体を弄ってしまったんでしょうね。それで汚された死体が出来ましたと。

しっかしこの死体。通常の死体よりいくぶんグロテスクです。こんなものもう二度とみたくねぇ……。

と思った矢先、なんとなく足下を眺めていると、なんということでしょう。汚された死体はそこらへんにボトボト落ちているじゃありませんか。

おおう………。これは汚ぇぜ………。術師さん、ちょっと頑張りすぎじゃないだろうか。

一応持ち物を調べてみると、なんとゴールドを持っている。それも100ゴールド。

プレイしている方にはお分かりいただけるでしょうが、この100ゴールドというのはなかなかの大金なのです。

3000ゴールドで家を買えるといえばわかりやすいでしょうか。

他のも見てみると、おぉ!また100ゴールド。うめぇうめぇ。

なんて、死体をあさっていたら11時。もう寝なければ。

このダンジョンは明日に持ち越しです。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sisutatosetuna.blog9.fc2.com/tb.php/521-a05d917a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。