あるひの。

ある朝、昼、夜。きっとどこかの世界で何かが起こっている。そんなことを見てみたいと想う、あるひの。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vampire。

 どうもこんにちは、吸血鬼しすたです。


 なんのことかというとskyrimです。


 ちょっとありまして、吸血鬼プレイを始めました。影響されただけなんですけど、これがもう楽しくて楽しくて。


 最近まともにゲームできる時間が少ないってのもあるんですけど、ヴァンパイアは行動に制限がかかりすぎる。昨日なんか移動だけでゲーム終了でしたし(笑)。今日も砦二つ潰して終わりかな…。って。


 闇の一党っていう暗殺者のギルドの人たちは、仲間にすでに吸血鬼がいるからか吸血鬼状態でも敵対しない※1ので、それを進めようと思っているのですが、こういうのも相まって全然進まないという……。


 ※1…Skyrimの世界において吸血鬼は病気であり(純血の吸血鬼もいる)、第一段階から第四段階に分類される。第四段階まで進行すると、各街の衛兵はおろか住人などのあらゆるNPCが敵対してくる。怖い。


 で、そんなんなにが楽しいんだよ、ゲームなんだから俺TUEEEEEEEEEEEしたいだろ。って言われると思うんですが。俺もね?最初は俺TUEEEEEしてましたよ。ええ。難易度上げるのにも腰が重かったし、強い武器で弱い的を蹴散らして遊ぶだけだった。


 でもね?


 なーんか途中から飽きて来ちゃうんですよ。これってこんなゲームだったっけ?って。


 最初はみんな一緒で、右も左もわからずに歩き回るんです。もちろんいきなり山賊が襲ってきても「え?!え!?」って言ってる間に殺されます。運が悪ければその日のデータは残ってないかもしれません。


 そういうゲームなんです。


 ヴァンパイアはそういうところのバランスが取れてて、いまの自分にぴったりあったというか(影響されただけですけど)。ともあれ、デメリットばかりでなくもちろんメリットもあるわけです。


 まず腕力・脚力が半端じゃない。同レベルの雑魚ならパンチ一発、少し格上でもFeedという吸血鬼の必殺技で一発。そしてこの間血に飢えて殺してしまった酒場のオッサンから奪ったブレイブ・ソード(刀みたいなの)みたいなレア武器のおかげであまり不便を感じません。それでももちろん死ぬわけですが。


 大体死ぬ要因としては、日光や多人数攻撃、突然の病気の進行による周辺NPCのリンチが挙げられます。


 あとね、クエスト進めたいから街に入らなきゃいけないのに、血がないから病気を治せず※2にクエストを進められないっていうね。そういう場合は通行人をひたすら捜すか、山賊からちびちびと吸っていくかという形になります。なんでかわかんないけど、死体から吸ったり、敵から吸うのでは1人2人殺しても足りないんですよね……。


 ※2…吸血鬼病は血を吸うと一段階進行が戻り、24時間以上血を吸わないと次の段階へ進行してしまう。


 それと、流石に防具や武器をこれ以上強くしたら面白くなくなりそうなので、防具はただの服(防御0か1くらい)、武器は敵からのはぎ取りに限るとしています。防具が服でも何故かそんなに困らないんですよね。血が足りないとHPの自動回復もなくなる上にMPの自動回復も極端に遅くなるので、実質回復手段が薬だけ……という自体になってしまうわけなんですが、そういうピンチがまた面白いというかね。


 あとは街を徘徊してるNPCの後をつけて、人気の無いところに行ったら襲うとか、NPCに上手いこといって街の裏手に誘導して襲う……とかね。頭の使い方次第でどんなプレイもできる。それがSkyrim。


 吸血鬼が本当にヤバいときは、マンモスなどの上級モンスターを引っ張って街を崩壊させ、死体からちょっとずつ血を頂くとかね。もちろん潰す街はソリチュード※3。入り口が一方通行なので、モンスターを引っ張ってきやすいし。っていうかあんな街崩壊したほうがいいです。


 ※3…Skyrimの北東に位置する街。不安定な岩場の上に立てられた街で、吟遊詩人の大学がある。俺は前のキャラクターで心を躍らせてソリチュードに向かったところ、何が理由かわからないがいきなり町中の衛兵にリンチされるという事件に遭って以来トラウマ。あんな街はさっさと滅びろ。いや俺が滅ぼしてやる。


 こんな風にね。さくさくっと面白いことして、今日は終わりと。



 いいねぇ。






 Arrow in the knee…。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sisutatosetuna.blog9.fc2.com/tb.php/523-80d7a936

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。