あるひの。

ある朝、昼、夜。きっとどこかの世界で何かが起こっている。そんなことを見てみたいと想う、あるひの。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先を詠む。

明日はきっと、晴れだろう。

どうもこんにちは、しすたです。

久しぶりですね。

これからはもっと更新せねばとも一瞬思いましたが、俺のブログだし俺が書きたくなきゃ書かなくて良いじゃんという超俺理論に辿り着いたので「週刊あるひの。」になりそうです。購読する人なんているんですかね。

もっとなんか、綺麗な写真とか載せればそれなりに楽しめるんだがなぁ……デジカメ、写真映すの面倒なんだよ。メールとかでぱっと送れればそういうのも載せるんだけどなぁ。

さて、今日は将来の事について考えてみました。といっても、全然真面目なのじゃなくてこうなりてぇなぁみたいなアレ。

担任に、そろそろ将来について考えろと言われたものでね。HRで。

将来かー。将来って言われても、ぱっと頭には浮かばないよ。俺はエスパーじゃないし。

そういう意味じゃないのは分かっているんですが、先が見えてちゃ面白くないですよね。先が見えないから面白いんじゃないかって思うのです。


でも、もしかしたら。少し先を予測して、少し行動を変えてみたら。


もしかしたら、億兆万分の一で奇跡に奇蹟が重なって、それはもう凄い感じで新しい世界が開けるのかもしれない。

それならば、少し先を予測してみてもいいかなというのを前提に話を進めます。

何事も前向きに考えなきゃ始まらんしな。

といっても、「予測」なんて大げさで、いつもやってるんですよね。例えば朝、ちらっと部屋の窓を開けて「ちょっと刺さる感じの風だなぁ。空気も重いし、今日は雨かな?」と考え『今日は雨かもしれない』という予測を立て、結果『傘を持っていく』という少しの行動を起こすわけです。

この行動によって、『雨に濡れて嫌な気分になる』というのが回避出来る。すげぇや!

将来を考えるってのはつまり、これをぐんぐんと延長させていくことだと思います。

明日は、明後日は。来週は、来月は。さらには、来年は。

一体どんなことが起こって、それには何が必要なのか。言われてみれば当たり前ですが、漠然と「将来について考えろ」という謎のメッセージを送られた身としては、この考えは必要だと判断したい。

受験だったり、就職だったり。大変なことはあるんだろうけど、ちみちみと予測を立てると楽になるのかなぁ、なんておもったり。

ただ、予測を立てるにもそれなりの労力を要しますので、どっちが効率的か、なんて考えはじめたらそれはどうなんだろうなぁと思ったり思わなかったり。結局はいたちごっこなので、好きなように生きようと決意を新たに俺は布団をかぶるのであった――。


スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sisutatosetuna.blog9.fc2.com/tb.php/546-5a1d8c5d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

対人相手ならポケモンでもカードゲームでも何でもいいから相手の思考を読むのを慣らしていけば今後の社会とかでも相手の顔色やらそういったのから先を読んで行動とか出来るけど



流石に未来とか少し先の時間すら読めないというのにって感じだよなーと大学入ったのはいいけど今後将来のビジョンが見えない自分がいる
まぁ今ここにいる自分に満足しないと先もへったくれもないから惰性ながらも生きてる

  • 21/10/2012
  • 華図魔 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。